会社概要

NanoSuit株式会社は国立大学法人浜松医科大学の研究成果を引き継ぎ、2019年4月1日に設立されました。

(代表挨拶)

生物学の研究を続けてきた中で、15年ほど前にバイオミメティクス研究(生物を学び、人間の叡智によって‘ものづくり’を進める分野)が欧米で始まっていることを知り、我が国における発展が不可欠であると考え研究推進をして参りました。生物をしっかり生物の表面構造をナノからミクロンまでサブセルラーサイズでできる限り生きたままの姿で観察する必要が生じました。そこで誕生したのが日本発のNanoSuit®法の技術です。

NanoSuit®法では、生物を生きたまま、あるいは固定標本などを濡れたままで電子顕微鏡観察を行います。観察の為の処理は比較的簡易で短時間で導電性も付与できるため、形態の微細構造の変化は、ほとんどありません。従来法の技術の特徴と合わせて観察すれば、これまでの知見と共に新たな視点が加わり、生命科学の理解は一層深まります。個体や組織、細胞や生体微粒子(ウイルスやエクソソームなど)の電子顕微鏡観察が可能となり、EDSなどを用いて生体そのものの多様な元素分布をイメージング分析することにも成功しております。また、Pinhole freeの自立膜を作ることができることも、魅力の一つです。

今後、皆様方と共にNanoSuit®法を発展させ、健康・医療や美容、食品など、さまざまな分野に貢献していくために会社を設立しました。皆様に貢献できる会社として努力して参ります。

NanoSuit株式会社 代表取締役 針山 孝彦

(会社概要)

会社名 NanoSuit株式会社
所在地 静岡県浜松市東区半田山1-20-1
役員 代表取締役 針山 孝彦